motorcycle life の共有
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1回目のサンフランシスコではニュースになる程の大雨強風に遭い、橋を渡るどころかバイクを駐車場に置いて徒歩&路面電車で街を観光するはめに。今回はそのリベンジで、サンフランシスコにかかる5本の橋を全部渡るという”目的”を果たす為に行ってきました。天気は3日間とも最高で、5本の橋を存分に楽しむ事が出来ました。

まずは海沿いを走る1号線(PCH)沿いにある Pismo beach から。
SF001.jpgSF002.jpgSF003.jpgSF004.jpg
SF005.jpg

凄い数の野生アザラシ、ぐうたら過ぎてかわいいと思えない...。
SF006.jpgSF007.jpg

リス達もいた。こっちはかわいいかな。
SF009.jpgSF008.jpg

更に1号線を進むとやがて、崖っぷちの道になる。ここからの景色は相当なもの。
SF010.jpgSF011.jpgSF012.jpgSF013.jpg

ドイツ人カップルがこの景色にえらい感動してました。この自転車での2人旅も凄いけど。
SF014.jpg
SF015.jpgSF016.jpg

monterey で休憩&昼食。
SF017.jpgSF018.jpgSF019.jpgSF020.jpg
SF021.jpg

サンフランシスコの直前にある街 san jose で1泊。旅の夕食は何故か大抵、寿司かステーキになる。
勿論見つかればの話....。
SF022.jpg

いつもモーテルを予約する時”部屋の目の前にバイクを停められるように”とリクエストするんだけど、時々こうなってしまう。あまり安心して寝られない...。
SF023.jpgSF024.jpg

2日目からいよいよサンフランシスコ入り。まずは1本目の橋 dumbarton bridge。
SF025.jpg

2本目、 san mateo bridge。
SF026.jpgSF027.jpg

3本目は bay bridge。ここでは何と、新しい橋を建設中でした。今までの2階建ての橋から、今度は2本の橋を並列して上りと下り線を通すようになってます。
SF028.jpgSF029.jpgSF030.jpg

橋を渡った所の街 oakland の cafe で昼食。
SF031.jpgSF032.jpgSF033.jpg

4本目、John F McCarthy memorial bridge。
この橋が一番距離が長かったし、画を見ると登ったり下ったり曲がったり。
SF034.jpgSF035.jpg

そして最後、5本目は一番有名な golden gate bridge。手前の丘を登ると橋とサンフランシスコの街を同時に見下ろせるスポットがあり、絶景。特に天気が良かったので、遠くの街もくっきり観えました。
SF036.jpgSF037.jpgSF038.jpgSF039.jpg
SF040.jpgSF041.jpgSF042.jpgSF043.jpg

5本の橋を満喫してまずは目標達成。もう夕方だったけど、少しだけ街を探索しました。
有名なくねくね道がある russian hill。
SF044.jpgSF045.jpgSF046.jpg

街を一望出来る twin peaks。
ちなみにアメリカのテレビドラマ”Twin Peaks”とは無関係です。あれはワシントン州にある田舎町での話。
SF047.jpgSF048.jpg

日が落ちかけた事サンフランシスコを離れて次のモーテルがある santa cruz へ。
途中、灯台を発見したので立ち寄ってみた。
santa cruz から北へ27milesにある"pigeon point lighthouse"。1872年に建てられた、アメリカで一番高い灯台(の一つ)だそうです。灯台はやっぱり画になりますね。
SF049.jpgSF050.jpgSF051.jpgSF052.jpg

santa cruz の街で夕食。
SF053.jpgSF054.jpgSF055.jpgSF056.jpg

ここのモーテル、やたらとバスルームがデカいと思ったら、障害者用の部屋でした。
大概モーテルは軽い朝食が無料で頂けるので、部屋に持ち帰りしました。
SF057.jpgSF058.jpgSF059.jpgSF060.jpg

最終日は特に観光はなく、しかも退屈な5番フリーウェイでまっすぐ帰ることに。
5番に入るまで少し距離があり、途中 san luis 貯水池で休憩。一応保養地になっているらしいけど、何も無かった。
SF061.jpgSF062.jpg

5番直前のスタンドで、昼食。レストランも無く、本当にこれしかなかった....。
SF063.jpg

5番の途中、fresno あたりで養牛場に遭遇。存在は知っていたので覚悟していたのですが、実際バイクで通りかかると、呼吸困難に陥りそうなくらいの強烈な匂い。ガマンして数枚の画を撮り、速攻で立ち去りました。
あの強烈な匂いの後では、流石に牛を食べる気にはなれなかった。
SF064.jpgSF065.jpgSF066.jpg

途中数回の休憩をしながら、無事、到着しました。
SF067.jpgSF068.jpgSF069.jpg

橋と、海沿いの道を満喫した、素晴らしい旅でした。



より大きな地図で sanfrancisco を表示

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2010/08/25 06:47】 | 未分類
トラックバック(0) |
私は過去に何度も、”瞑想”にトライした事があります。でもいつも満足いくような”瞑想”が出来ずに、自分の集中力のなさを反省しつつ、次回はもっと環境を整えてとか、ノイズが多過ぎてとか、昼間よりも夜の方がとか、様々な言い訳をしていました。
そもそもなぜ”瞑想”をするのか(したがるのか)というと、あたまをスッキリさせたいとか、リセットする為とか、ストレス発散とか、魂をより純粋な状態に近づけたいとか、一応それなりの目的(願い?)があるからなんです。
で、”瞑想”を上手に出来る人は自分よりレベル高いかなと、ちょっとだけ尊敬のまなざしでみてたりしてました。
よく”瞑想”している人にやり方やこつなどを聞いてみると、部屋は暗くして、ノイズに邪魔されないように静かな所で、目を閉じて兎に角何も考えないように意識を集中させて、”瞑想”って脳みそを空っぽにして一切何も考えない事だから、と言われました。
でも正直、そういった”かた”ちで”瞑想”をする事で本当にリセットやストレス発散、まして自分の魂を純粋な状態にする事が出来るのだろうか?という疑問が常にありました。
そんな時あるテレビで偶然(ではなく必然?!)、”歩き瞑想”と言う言葉が出てきて”おおお”と思わず驚いた事がありました。
歩きながら”瞑想”をする事が出来るとは、つまり部屋を暗くする必要もなく、そもそも部屋にこもる必要が無く、ノイズがあってもオッケー、目は開けてないとちゃんと歩けないし、見えるものや聞こえる音、風や空気の匂いとかを感じたらそれを考えずにはいられないから、脳みそを空っぽにするのは無理。
それでも”瞑想”する事が出来ると言う事。この人物は想像を絶する集中力の持ち主か?!

”歩き瞑想”.......歩き瞑想........歩き瞑想.........、散歩瞑想........。

あっ、気づいた! っとまた気づいてしまいました。

そう言えばイヌと散歩してる時。色々考えたりはしているけれど、ある意味”無心状態”でもある。で散歩してる時は非常にリラックスしてるし、気分も良いし、散歩の後はとてもスッキリした気分で、純粋な気持ちになっている気がする。効能は”瞑想”と一緒。
P8180019.jpg

もう一つ私の大好きなひと時がある。
バイクで自然の中を爆走している時。山の中のワインディング、森のトンネル、海沿いの道、砂漠の一本道。どれも自分の大好きな”道”で、そこをひたすら走っているときは、間違いなく”無心”(夢中?)であり、勿論緊張はしているけれどリラックスしているし(好きな事している訳だから)、最高の気分だし、バイクを停めてヘルメットを脱ぐと気分はスッキリ、純粋な気持ちで大自然とバイクに感謝して全身で幸せを感じている。効能が”瞑想”と一緒!!
IMG_0019.jpgP5290056.jpgPB080063.jpgIMG_0161.jpg


そうか私は、普段から”イヌの散歩”や”ツーリング”で、頻繁に”瞑想”をしていたんだ!と、気づきました。
ある人にそれを話したら、”瞑想”って”かた”じゃないからと言われました。つまり”かた”ちは単なる固定観念で、目的(効能)を達する事が出来ればそれでいい。
それでいいんです。ルールは無く自由、人それぞれ。終わった後で良い気分になって、頭スッキリ、ストレス発散、純粋な気持ちに戻れればそれが”瞑想”。

ライディングはスピリチュアル。こじつけではなくだから、Spiritual riding。

IMG_0256.jpgIMG_0158.jpgP5290124.jpg


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

【2010/08/19 15:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
1回目のデスバレーでは灼熱地獄で焼け死にそうになり、2回目では極寒強風で凍え死にそうになりました。3回目にしてようやく完璧な条件で走る事が出来ました。

出発の朝から。
death081101.jpgdeath081102.jpg

この丘を越えるといよいよ砂漠へ突入。
death081103.jpg

少し(と言っても数十マイル)走って、デスバレー入り口。
death081104.jpgdeath081105.jpgdeath081106.jpgdeath081107.jpg

一応地図でスタンドの位置と距離はチェックしつつ、ガソリンが十分残ってても見つけたらとりあえず給油。 地図上でスタンドがあっても閉鎖や閉店の場合が多いので。
death081108.jpg

途中でこんな連中に遭遇しました。何処かのイベントの行きか帰りかな?
death081109.jpgdeath081110.jpgdeath081112.jpgdeath081111.jpg

少し走って奇妙なアートギャラリー”red barn art center(http://www.goldwellmuseum.org/redbarn.html)"へ。いつ来ても変な空気というか、この場所だけ異次元の空間。
death081114.jpgdeath081115.jpgdeath081116.jpgdeath081117.jpgdeath081118.jpg
death081119.jpgdeath081120.jpgdeath081121.jpgdeath081122.jpg

そして今日のホテルはネバダ州。
death081113.jpgdeath081123.jpgdeath081124.jpg

2日目。
death081125.jpgdeath081126.jpgdeath081127.jpgdeath081128.jpgdeath081129.jpg


bonnie claire flat、いわゆるドライレイク(干上がった湖)。
death081130.jpgdeath081131.jpgdeath081132.jpg

scotty's castle。1922年、ウォルタースコットという人が1.5~2.5ミリオンをかけて建造した、別荘。ここにはガソリンスタンドがあるけど、いつも閉まってます。
death081133.jpg

城から数マイルの所にあるubehebe craterに寄り道。ちょっとしたハイキングになったので、疲れた。
death081134.jpgdeath081135.jpgdeath081136.jpgdeath081137.jpgdeath081138.jpg
death081139.jpgdeath081140.jpgdeath081141.jpgdeath081142.jpgdeath081143.jpg

ここから一気にラスベガスの近所まで走って、2泊目。
death081144.jpgdeath081145.jpgdeath081147.jpgdeath081148.jpgdeath081149.jpg
death081150.jpgdeath081151.jpgdeath081152.jpgdeath081153.jpgdeath081154.jpg

散々歩いて決めたレストランで、やっぱり不味かった。この国では旅先での”食”の楽しみは、無い。
death081155.jpg

気を取り直して3日目の最終日。近所のcafeで朝食後、Hoover Damへ。
death081156.jpgdeath081157.jpgdeath081158.jpgdeath081159.jpgdeath081160.jpg
death081161.jpgdeath081162.jpgdeath081163.jpgdeath081164.jpgdeath081165.jpg
death081166.jpgdeath081167.jpg

そして帰途へ。
death081168.jpgdeath081169.jpg

途中 mojave 砂漠にある nipton というごく小さな街に寄り道して、
death081170.jpgdeath081171.jpgdeath081172.jpg

やはり mojave 砂漠内にある cima(サイマ)付近で貨物列車に遭遇。この辺りはもう日帰りエリアなので、列車との撮影は経験済み。鉄道マニアはコレをどう見るだろうか。
death081173.jpgdeath081174.jpg

最後は何度も休憩をして、時間をかけて帰りました。
death081175.jpgdeath081176.jpgdeath081177.jpg

そして無事、到着。
death081178.jpg

3日間とも晴天に恵まれ、気温も高くなく低くもなく、風も全くない穏やかな天気の中で、存分に走り、景色を満喫し、癒されました。まさに”命の洗濯”をして綺麗さっぱりクレンジング。魂に付着したエクトプラズムなどを削ぎ落として、リセットする事が出来ました。こういう旅、最低年2~3回は必要です。



より大きな地図で Death Valley を表示

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

【2010/08/12 03:56】 | 未分類
トラックバック(0) |
自らエンジンを始動して走り出せば、あとは何処へでも連れてってくれる。

P8050006.jpg

【2010/08/06 16:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
ここ最近は丸1日休める日というのが週1日しかなく、体を休めるので精一杯。流石にツーリングなどには行く気になれず、”走れない”フラストレーションは溜る一方。勿論たったの1日休んだくらいでは疲れが取れるはずもなく、近々狂うかぶっ倒れるかする予定です。人事が改善された暁には、スケジュールを減らしてもらい、更に10日くらいの休暇を貰おう、次の”旅”の為に。
そんな訳で書くネタが無いので、過去のネタを引っ張りだしてみようと思います。
一番最近のネタは、7月4日。アメリカ最大のお祭りでもある”独立記念日”に、いつものお散歩コースを走ってみた。
家から15分くらい走ると”Mulholland HWY"という山を抜ける道があり、タイトなワインディングや森のトンネルなどが続く。ライダーにとっては目から鱗な道である。
途中に”Rock store(http://www.rock-store.com/)"という小さなcafeがあり、休日にはいつも数百台ものバイクが立ち寄り大にぎわいになる。新旧、ジャンル、スタイル、性別問わず様々なバイク(時には車)達を観る事が出来るので、結構面白い。ただ独立記念日となると、家族でバーベキューや実家に帰省する組が多いのか、台数は普段の日曜日よりも大分少なかった。
Mercedes-Benz SLS AMGRock store

いきなり目に飛び込んできたのは、真紅のMercedes-Benz SLS AMG。LA近郊には本当に大金持ちがいるもんだと、関心してしまった。乗っていたのは勿論白髪のオッサンで、ジーパンTシャツのラフな格好で、しかもあんな超高級車を平気でゴミ箱のとなりに停める気さくさ。こっちの金持ちや有名人達は、本当に気どってなくてイイ。

1198S1198RMultistrada
バイクの方は、やっぱりハーレーが一番多いけど、今回はDucatiも多かった。1198の"S"や"R"もいたし、最新型のmultistradaもいた。
BSA Rocket fourBMW K1200Rチョッパー

勿論日本車もかなりの数だったけど、個人的に殆ど興味がないので、撮ってません。申し訳ない!

このcafeを過ぎると、タイトな登りのワインディングに入ります。いつもはステップやシリンダーヘッドを擦りながら、連続するタイトコーナーを爆走していますが、この日は交通量も多かったので軽く流す程度にしときました。
ワインディングが終り海へ向かう道を軽く流すと、PCH(Pacific coast hwy)に突き当たります。有名俳優が捕まって人種差別発言をしたり、他人のフェラーリ エンツォを大クラッシュさせたりと、何かと話題の多いあの海沿いの道です。
15分程海を横目に走るともう1カ所、ライダーが集まる店があります。
neptune's net次から次へと集まってくる向かいにまで溢れるバイク達人も溢れてる気持ちは分かるが、安全?


"Neptune's net"(http://www.neptunesnet.com/)。
ここはバイクや車だけでなくサーファーも集まってくるので、休日にここでランチを取るのはほぼ不可能なくらい、込み合います。今回もランチは断念、同じルートで戻る事にしました。

マリブの海

PCHの途中、マリブの海を丘の上から眺めるアングルで1枚。ほぼ毎週来ているので見慣れたもんなんだけど、何度観ても広く青い海とでかい空には、癒される。

そんな2010年7月4日、アメリカ独立記念日でした。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村








【2010/08/02 04:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。